安全衛生管理体制
総括安全衛生管理者
 事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、総括安全衛生管理者を選任し、その者に安全管理者・衛生管理者又は技術的事項を管理する者の指揮をさせるとともに、次の業務を統括管理させなければならない。

 @労働者の危険又は健康障害を防止するための措置に関すること。
 A労働者の安全又は衛生のための教育の実施に関すること。
 B健康診断の実施その他健康の保持増進のための措置に関すること。
 C労働災害の原因の調査及び再発防止対策に関すること。
 D上記のほか、労働災害を防止するため必要な業務で、厚生労働省令で定めるもの。

安全管理者
 事業者は、政令で定める業種及び規模の事業場ごとに、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、安全管理者を選任し、その者に安全に係る技術的事項を管理させなければならない。(技術的事項を管理する者を選任した場合においては、該当するものを除く。)

衛生管理者
 事業者は、政令で定める規模の事業場ごとに、都道府県労働局長の免許を受けた者その他厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、当該事業場の業務の区分に応じて、衛生管理者を選任し、その者に衛生に係る技術的事項を管理させなければならない。(技術的事項を管理する者を選任した場合においては、該当するものを除く。)

作業主任者

統括安全衛生責任者
 特定元方事業者は、1つの場所で常時50人(トンネル工事・圧気工法による作業・橋梁建設工事の一部は30人)以上が作業に従事する場合、それにより生ずる労働災害を防止するため、統括安全衛生責任者を選任し、その者に元方安全衛生管理者の指揮をさせるとともに、注文者の講ずべき措置等を統括管理させなければならない。

元方安全衛生管理者
 統括安全衛生責任者を選任した事業者で、建設業その他政令で定める業種に属する事業を行うものは、厚生労働省令で定める資格を有する者のうちから、元方安全衛生管理者を選任し、その者に注文者の講ずべき措置等のうち技術的事項を管理させなければならない。

店社安全衛生管理者
 建設業に属する事業の元方事業者は、統括安全衛生責任者を設置する要件のないもののうち、その労働者及び関係請負人の労働者が1つの場所において20名以上が作業作業を行うときは、それによって生ずる労働災害を防止するため、資格を有する者のうちから、店社安全衛生管理者を選任し、その者に注文者の講ずべき措置等を行わせなければならない。

注文者の講ずべき措置等
 @協議組織の設置及び運営を行うこと。
 A作業間の連絡及び調整を行うこと。
 B作業場所を巡視すること。
 C関係請負人が行う労働者の安全又は衛生のための教育に対する指導及び援助を行うこと。
 D仕事を行う場所が仕事ごとに異なることを常態とする業種で、厚生労働省令で定めるものに属する
 事業 を行う特定元方事業者にあつては、仕事の工程に関する計画及び作業場所における機械、設備
 等の配置に 関する計画を作成するとともに、当該機械、設備等を使用する作業に関し関係請負人が
 この法律又はこれに基づく命令の規定に基づき講ずべき措置についての指導を行うこと。
 Eこのほか、当該労働災害を防止するため必要な事項。