計画の届出
 事業者は、事業場の業種及び規模が政令で定めるものに該当する場合、当該事業場に係る建設物若しくは機械等(仮設の建設物又は機械等で厚生労働省令で定めるものを除く。)を設置、若しくは移転、又はこれらの主要構造部分を変更しようとするときは、その計画を工事の開始の日の30日前までに、労働基準監督署長に届け出なければならない。ただし、労働基準監督署長が認定した事業者を除く。
 事業者は、建設業に属する事業の仕事のうち重大な労働災害を生ずるおそれがある特に大規模な仕事で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を仕事の開始の日の30日前までに、厚生労働大臣に届け出なければならない。
 事業者は、建設業その他政令で定める業種に属する事業の仕事(建設業に属する事業にあつては、前項の厚生労働省令で定める仕事を除く。)で、厚生労働省令で定めるものを開始しようとするときは、その計画を仕事の開始の日の14日前までに、労働基準監督署長に届け出なければならない。
 事業者は、届出に係る工事のうち厚生労働省令で定める工事の計画、厚生労働省令で定める仕事の計画又は前項の規定による届出に係る仕事のうち厚生労働省令で定める仕事の計画を作成するときは、工事に係る建設物若しくは機械等又は当該仕事から生ずる労働災害の防止を図るため、必要な資格を有する者を参画させなければならない。
 上記は、仕事が数次の請負契約によつて行われる場合、仕事を自ら行う発注者がいるときは発注者以外の事業者、仕事を自ら行う発注者がいないときは元請人以外の事業者については、適用しない。

厚生労働大臣への届出
届出期日 工事の種類 工事の規模
30日以内 塔の建設 高さ300m以上
ダム建設 堤高150m以上
橋梁工事 最大支間500m(吊橋1,000m)以上
トンネル工事 長さ3,000m以上又は
長さ1,000m以上3,000m未満で深さ50m以上の立て坑の掘
削を含むもの
潜函・シールド 300kPa以上の圧気工法を伴う工事

労働基準監督署長への届出
届出期日 工事の種類 工事の規模
14日以内 橋梁工事 最大支間50m以上1,000m未満又は
最大支間30m以上50m未満の上部構造に関する工事
トンネル工事 内部に作業員が入るもの全てで、厚生労大臣に届出するもの以外    
潜函・シールド 圧気工法を伴う工事全てで、厚生労大臣に届出するもの以外
建築工事 高さが31mを超える建築物等
掘削工事 掘削高さ又は深さが10m以上
土石採取工事
30日以内 足場設置 高さ10m以上で設置期間60日以上
吊り足場・張り出し足場を除く
型枠支保工 支柱の高さ3.5m以上
架設道路 高さ・長さが共に10m以上で設置期間60日以上
軌道装置 設置期間6ヶ月以上
クラッシャ等 土石等を動力により加工する屋内固定設置型機械で設置期間6ヶ月以上
ゴンドラ 全て
クレーン 吊上げ荷重3t以上
デリック 吊上げ荷重2t以上
エレベーター 吊上げ荷重1t以上
建設用リフト 昇降路等の高さ18m以上で積載荷重0.25t以上
設置報告 クレーン 吊上げ荷重3t未満
デリック 吊上げ荷重2t未満
エレベーター 吊上げ荷重1t未満
建設用リフト 昇降路等の高さ18m未満